総量規制対象外カードローンで一本化するメリット

複数のカードローンやキャッシングの返済で悩んでいるなら、まずは一本化を考えてみましょう。
債務整理をすると信用情報に載りますが、一本化ならまったくデメリットがありません。
そのために役立つのが総量規制対象外カードローンであり、特に銀行や信金ローンはおすすめです。
これらのローンは金利が低いので、支払いを今よりも減らせるでしょう。
もし借金の返済が元金だけならば、毎月の返済によって確実にゴールは近づいてきます。
しかし現実には利息が発生するので、思うようには減らないわけです。
総量規制対象外のローンで一本化をすれば、今よりも支払総額を減らすことができます。

総量規制対象となるローンで一本化するのが現実的に厳しいものがあります。
年収3分の1を超えた借入はできないので、すでに総量規制近くまでの借入をしているなら一本化するだけのお金は借りられません。
総量規制対象外のローンだと、現在の借入と同額を調達することが可能です。

銀行のカードローンはすべてが総量規制対象外であり、金利もかなり低く抑えられています。
目標金利は15.0%未満であり、14.0%未満で借入できればかなり低いです。
銀行は全般的に低金利ですが、たまに最高金利を18.0%に設定しているローンもあり、これは消費者金融と同レベルです。
総量規制対象外ローンで一本化するときは、18.0%の利率では高いと考えておきましょう。
15.0%未満のローンを選ぶのが好ましいため、選択肢は必然的に銀行や信金などになります。
http://souryoukisei-rank.club